2009年8月28日金曜日

台湾、台風8号による死者は463人

ダライ・ラマ法王、台風8号が直撃した台湾の被災地を訪問へ 中国は反発か

チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ法王が8月末に、台風8号が直撃した台湾の被災地を訪問する見通しとなった。中国は、この訪問に反発するとみられ、今後の中台関係に影響する可能性もある。
今回、ダライ・ラマ法王の訪問を要請したのは、台風8号で大きな被害が出た台湾南部の高雄県など、7つの自治体で、これらの首長はいずれも野党・民進党出身。
ダライ・ラマ法王は2008年、台湾訪問を希望していたが、対中関係に配慮した馬英九政権がこれを拒否していた。
この台風では、対応が遅れたなどとして、強い非難にさらされている馬政権だが、今回は「被災者の慰問が目的だ」として、ビザの発給を認める考えを示している。

ダライ・ラマ法王側も訪問には前向きで、ビザが発給されれば、8月31日から9月4日まで台湾南部に


台湾外交部長も辞意表明、台風被害対応で
 台湾の欧鴻錬外交部長(外相)は27日、台風8号の大雨被害で、外交部(外務省)が各国からの援助を断れと在外公館に指示していた問題で「すべての責任を負う」と述べ、引責辞任する考えを表明した。馬英九総統にも口頭で辞意を伝えたという。
 台湾では大雨被害の対応をめぐって馬政権への批判が収まらず、国防部長(国防相)らが辞意を表明。馬政権は9月上旬までに大規模な内閣改造を行う方針。
 報道によると、台湾南部を中心に8日から広がった大雨被害をめぐり、外交部には10日ごろから救助の申し入れが各国から寄せられていた。しかし同部は11日、申し入れを断るよう在外公館に文書で指示。理由は明らかになっていないが、馬政権への批判が一気に高まるきっかけとなった。(共同)

台風8号による死者は463人

台風8号災害の被害および救援状況について(8月26日午後)
 行政院災害防救委員会中央災害対策センターは、台風8号(モーラコット)の台湾直撃による被害および救援状況の8月26日17時00分までに確認された結果について発表した。
 このなかの内政部消防署の統計によると、死者463人、遺体の一部60体(人)、行方不明者190人、負傷者46人だった。また、民政司(局)および社会司の統計によると、避難している被災者は2万4,950人で、56カ所の避難所が開設され、5,985人が収容されている。
 また、行政院国家捜救センターによると、8月26日16時30分までのヘリコプターによる救援状況は、734件で計4,132回出動し、のべ1万4,252人を動員し、46万2,451トンの物資を輸送、2,639人の救援スタッフを運び、9,776人の被災者を救出した。
       死亡者     行方不明者     負傷者
 台北県     0       0       13
 宜蘭県     0       0        4
 南投県     7       9        1
 彰化県     3       0        0
 雲林県     1       0        0
 嘉義県     9       3        2
 台南県    28       0        1
 高雄県   392(60) 146       13
 屏東県    23      24        0
 花蓮県     0       0        1
 台東県     0       8       10
 高雄港     0       0        1
 高雄県内の死亡者の詳細は、甲仙郷321人(小林村318人、大田村1人、西安村1人、東安村1人)、六亀郷39人(竹林集落5人、新発村6人、新開集落26人、六亀村1人、大津村1人)、那瑪夏郷(南沙魯村)20人、阿蓮郷(中路村)1人、茄萣郷(和協村)1人、桃源郷5人(桃源村1人、勤和村4人)、大樹郷1人、梓官郷1人、湖内郷2人、鳳山市(和興里)1人、計392人。
(身元確認済み20人、失踪後死亡届提出281人、死亡届提出85人、死亡届未提出6人)
 発見されたが身元が特定できない遺体の一部60体(人)は死亡者数に含まれていない。
高雄県内の行方不明者:
林園郷(西渓郷)2人、大寮郷1人、甲仙郷(小林村)127人、六亀郷(新開集落)2人、那瑪夏郷(南沙魯村)14人、計146人。
連絡がつかない者:
甲仙郷小林村24人


イスラーム教徒のウイグル族支援を政府に要請
イスラーム社会組織はインドネシア政府に対して、中国のイスラーム教徒であるウイグル族支援のため、国際的な連帯感を強化し、その見解を確立するように要請した。


 中国の新疆ウイグル自治区ウルムチ市のイスラーム教徒であるウイグル族が受けた弾圧は、インドネシアのイスラーム教徒から強い反感と非難を招いている。火曜日に中国大使館前で、ヒズブット・タフリル・インドネシア(訳注1)の数百人の活動家が、ウイグル族に対する弾圧的で差別的な措置を中止するよう要求するデモを行った。

 「中国政府は同自治区の区都ウルムチでイスラーム教徒であるウイグル族に対する虐殺を行ったため、我々はインドネシア政府に対して、中国〔政府〕との提携を中止するように呼びかけた」。南ジャカルタ州のメガ・クニンガン地域の中国大使館の前で行った演説で、ヒズブット・タフリル・インドネシア中央指導部会のファリッド・ワジディ理事長はそのように呼びかけた。

 その前日に、イスラーム教徒フォーラムの会員である数百人のイスラーム教徒が、中国大使館前でデモを行った。ヒズブット・タフリル・インドネシアはインドネシア政府に対して、イスラーム教徒のウイグル族数百人を死亡させた暴動事件に介入するように要請した。「我々はインドネシア政府がウイグル族を支援しないことを非難する。この事件は、明らかに基本的人権の侵害だからだ」とファリッド理事長は述べた。

 デモを行った人々も、数日前の同自治区の暴動での中国政府の暴力的で弾圧的な措置を直ちに中止するよう要求した。ヒズブット・タフリル・インドネシアも中国政府に対して、捕らえられたイスラーム教徒のウイグル人の釈放、負傷者の治療、死亡者に対する補償を要請した。ナフダトゥル・ウラマ(訳注2)理事会とムハマディア(訳注3)中央理事会は、インドネシア政府に対して、中国のイスラーム教徒であるウイグル族支援のため、直ちに国際的な連帯感を強化し、その見解を確立するように要請した。

 「我々の同胞でもある、中国のイスラーム教徒であるウイグル族の被害を解決するためには、政府が関与することが望ましい。世界の人々の連帯感の強化とその見解の確立のため、政府は中国政府や国際社会との外交を展開することも可能だ」とナフダトゥル・ウラマ理事会のリドワン・ルビス理事長は述べた。

 リドワン理事長によれば、インドネシア政府はイスラーム教徒のウイグル族支援のために、ただちに具体的な措置を講ずるべきだという。「もちろん、他の諸国への内政干渉を目的とせずに」ナフダトゥル・ウラマ理事会も、インドネシアのイスラーム教徒やイスラーム社会組織に対して、中国で虐待や暴力的行為を受けているイスラーム教徒のウイグル族に、人的支援を行うように呼びかけた。

 ナフダトゥル・ウラマは、自国でのイスラーム教徒への差別的な政策を改めるよう中国政府に対して要請した。ムハマディア中央理事会のユナハル・イルヤス理事長も、同じような発言を投げかけている。ユナハル理事長によれば、中国政府はイスラーム教徒に対する差別的な政策を終結させるべきだという。

 「中国政府が自国でイスラーム教徒たちに弾圧的で差別的な措置を行わないよう、インドネシア政府は要請し、強く求めるべきだ。政府はその弾圧的な措置を解決するため、国際的な連帯感を強化し、外交を構築するべきだ」とユナハル理事長はきっぱりと述べた。

 アチェ・イスラーム寄宿塾ウラマ協会のトゥンク・ファイサル・アリ秘書役も、こうした状況を憂慮している。スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領が中国政府に対して、そのような暴力的行為を中止するように直ちに要請することを、アチェの宗教学者は期待している。

 「我々は、先進国においてもまだ暴力的行為が存在するなら、それを非常に憂慮する。ユドヨノ大統領が、中国政府に対して、民族に対する暴力的行為を中止するように要請することを、我々は期待する」と同秘書役は述べた。同秘書役によれば、インドネシア政府は[中国では]少数派のイスラーム教徒であるウイグル族に対する暴力的行為について、他の諸国と共に疑問を持つべきだという。

 インドネシア共和国の国民議会第1委員会(訳注4)のテオ・L・サンブアガ委員長も、ウルムチで数百人の人々を死亡させた、イスラーム教徒のウイグル族に対する暴力的な措置を、基本的人権の侵害に満ちた争いによる行為であると非難した。


訳注
1) ヒズブット・タフリル・インドネシア: 国際的なイスラーム政治運動組織であるヒズブット・タフリルのインドネシア支部
2) ナフダトゥル・ウラマ: インドネシアの伝統主義的イスラーム組織
3) ムハマディア: 改革派イスラーム団体
4) 国民議会第1委員会: 海外部門を扱う委員会

2009年8月24日月曜日

陸委会が中国からの義援金を不適切
行政院大陸委員会(陸委会)の劉徳勲副主任委員は21日、訪中していた原住民の高金素梅立法委員が中国共産党から台風8号被害に対しての義援金として2000万人民元を個人的に受け取ったことは「不適切で使い道が不透明になる」と述べた。高金立法委員は19日、原住民代表団長として中国の胡錦濤国家主席と会見した際、義援金を受け取った。

高金素梅がとった行動は台湾原住民からも台湾人からも支持される行動ではなく、不適切極まりない行動である。


台風8号の死者163人、行方不明503人
中央災害対策センターが22日午後10時までにまとめた統計によると、台風8号による死者は163人、行方不明は503人、けが人は45人に上った。農林水産業と牧畜業の被害金額は144億2967万元になった。一方、行政院は20日、1000億元の被災地再建特別予算案を承認した。立法院は25日から3日間の臨時会を開き、特別予算の根拠となる特別条例を成立させる予定。馬英九総統は、9月7日に全国的な追悼大会を開催すること
を決めている。

台湾

政府は、約500人の死者を出した過去最悪の台風被害に対する救済活動が8月17日に緩和されたことに対して各方面からの強い批判を受けたが、それに弁明する調査を実施した。同国軍指揮下で、18万1000人が援助に回り、8200人以上が救助されたのにも関わらず、国防省はその対応に関して責任を求められたという。また当局は、土砂崩れで甚大な被害があった地域の原因究明に関する調査を開始したが、台湾南部の高雄県小林村で数メートルの深さの土砂に住居がのまれ、300人以上もの人々が生き埋めになったという被害を報告した。
(ロイター通信)

この台湾の被害は国防省が責められるべきものではなく、馬総統や国民党の責任が重大で
支那人は台湾人の命等何とも思っていないのである。



グルジア


グルジアは、旧ソ連諸国で構成される独立国家共同体(CIS)を脱退した最初の国となった。この脱退は、ロシア周辺における最新かつあからさまな同国に対する反乱を示している。昨年8月の破滅的な被害がもたらされた5日間にわたるロシアとの紛争をきっかけとして、グルジアはソビエト連邦解体後に結成された、ロシアが支配するCISを脱退することを明言していた。同国の脱退は、かつては大国として君臨していたロシアへの伝統的な忠誠心を持つ旧ソ連諸国が、ロシアから離れようとする現状を浮き彫りにしている。さらには西側諸国の経済的かつ政治的影響により、ロシアは同国への忠誠が保たれるかどうかという課題に直面している。(ロイター)

Ch-SAKURA



Mega Class Action Against NHK. Japan's Public Broadcasting Corporation, For Human Rights Violation. [Ch-SAKURA August 22, 2009]

More than ten thousand citizens are filing a lawsuit against NHK, on a Japanese public broadcasting corporation. This is the largest class action in Japan's court history. The reason is human rights violation due to fabrication. NHK fabricated a TV program on Taiwan. Many Taiwanese feel humiliated their human rights were violated. Quite a few Japanese who love Taiwan filed a lawsuit against NHK, and some Taiwanese have joined the class action.
Commentator is Gemki Fujii, lecturer at Japan's National Police Academy.
Please check his own web cite also at gemki fujii com.



2009年8月21日金曜日

日本が歩むべきは「王道」

小楠

「堯舜孔子の道を明らかにし
 西洋器械の術を尽くさば
 なんぞ富国に止まらん
 なんぞ強兵に止まらん
 大義を四海に布かんのみ」

小楠は「西洋文明はあくまで技術として優れているのであって、そこには徳はない。日本は東洋の徳ある文明をもとに、そこに西洋の科学文明を取り入れるべきだ」と考えた。西洋文明の行き着く先は「覇道」である。日本が歩むべきは「王道」であり、東洋と西洋の長所を生かした国家をつくり、覇権ではなく「仁義」に基づいた「富国強兵を超えた理想国家」を作れと言うている。
「和とか戦いとかいっても結局偏した意見であって、時に応じ勢いにしたがって、そのよろしきを得るのが真の道理である。信義をもって応接し、我が国に義があれば、万国を敵に回すようなことはない」

現在の日本人は、この東洋の徳ある文明と言う事すら忘れてしまったのではなかろうか?

2009年8月20日木曜日

「日本の魂を穢す國賊は許さない」

大日本皇國會の桐木誠次(昭和45年生/39歳)同志が、総選挙公示前 日の8月17日、国会正門にタクシーで乗り付け、日本刀(刃渡り29セ ンチの脇差し)で、割腹しました。
現在は湯島の東京医科歯科大に入院中で、重傷とのことです。
桐木同志の警告文は次の通りです。
【三澤浩一】





警告文

 悠久の大義に生き、悠久の大義に死す
それが日本人の道である。その道を忘れ去った者が日本國の政治を司る事 は許されない

衆議院選挙も近くなった。貴殿達も含め官僚公務員に至る「身分」を与え られし者が國に仕え民に仕える事を忘れた結果が現在の日本である。他人 を想う気持ちなど無く、自己中心主義に生き、大和魂も他國へ吸い取られ ている。目先の事だけを考えている貴殿達に百年後の日本が描けている か。子供や若者が夢や希望を語れない國が現在の日本國である。貴殿達に はその責任を必ず取ってもらう。

一、陛下への忠義を忘れた政治家は出馬を辞退せよ
一、大東亜戦争を含め、日本國の歴史に命を捧げられた方々に感謝を忘れ た政治家は即刻辞職せよ
一、靖國神社に参拝しない政治家は日本國を預かる資格はない
一、私利私欲に走り心穢れし者、心悪しき者、心疚しき者は即刻辞職せよ

 我等右翼民族派は昔も今も天忠人であり天誅組である。いかなる理由が あろうとも國賊と見なせば天誅を下す。責任の取り方が解らない政治家に は、私が教えてやる。
 命を懸けて國を守り民を守る覚悟を決めて選挙に望め

「日本の魂を穢す國賊は許さない」

皇紀弐千六百六拾九年八月拾七日

大日本皇國會 會長
 桐木誠次

衆議院・参議院議員一同













 今回の衆議院議員選挙に立候補する、特に自由民主党から参加を決めている者はこの事を重く受け止めなければならない、さもなくば必ずや天誅が下る事は間違いないだろう。

中村宏樹同志、断指の勧告

10日午後、民族派団体である同血社神奈川県連合に所属する中村宏樹同志は、不甲斐なき麻生総理に靖國神社公式参拝を強く促すべく、壮烈な決意をもって自らの右手小指を切断。

麻生総理に対し日本国首相の立場で、8月15日に靖国神社公式参拝をするよう、勧告文と切断した自らの小指を携え、同志らと共に内閣府を訪れ、靖国神社公式参拝をするよう、強く勧告した。

以下にその勧告文を掲載させていただく。



勸告文

貴殿及自民黨の凋落甚しく、殆ど人力口説を以て挽囘し難き段階にあるは萬民の認めるところである。
假令再生の道が有るとするならば、其れ、靖國神社昇殿を拜し、國乃礎となられた先覺神靈に感謝の誠を奉じ經國の誓を立てる以外に他はなし。
斯くて蒼生を安ずるが如く指導者の本領恢復せむ。即ち是日本再生唯一無二の理たらしめむ。
予切に念願し、右、勸告す。

皇紀貳仟陸佰陸拾玖年 捌月 拾日
同血社
中村宏樹
内閣總理大臣
麻生太郎殿



右翼民族派総合情報ブログ

衆院選、在外投票始まる

【中国の犬】靖国「突撃成功」で胡錦濤に褒められる高金素梅


2009.8.20

台湾の声

先日来日して靖国神社に突入するなど無礼なパフォーマンスを行ったの反日活動家(台湾原住民を利用する中華民族)の高金素梅・立法委員(国会議員)は8月19日、中華人民共和国(中国)の北京を訪問し、胡錦濤・中国国家主席と面会した。

高金素梅は「台湾少数民族代表団」の肩書きで胡錦濤主席を訪問し、胡錦濤は高金素梅の靖国神社への突撃について「台湾少数民族同胞は中華民族の大家族の重要な一員であり、長きに渡って外来からの侵略に抵抗し、民族の尊厳を守るため、不屈の闘争を続けてきた」と褒め称え、高金素梅と固く握手した。






『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html




偽刺青似非台湾原住民の高金素梅






衆院選、在外投票始まる


 第45回衆議院議員総選挙の在外投票が8月19日午前9時30分から、在タイ日本国大使館で始まった。

 在外選挙制度の改正により、今回から比例代表選挙に加えて小選挙区選挙の投票も可能になった。

 投票場所は領事・広報文化棟2階の多目的ホール、投票時間は午前9時30分から午後5時まで。期間は24日(月)までの間、土日も投票できる。

 なお、在外投票には、在外選挙人証とパスポート等の身分証明書が必要。


 さて私事で、現在日本に滞在中なので日本で選挙を遣る事になるが、これがまた面倒、登録の住所地以外での期日前投票は、非常に手続きが面倒である、しかし最低限選挙に行かなくては、政治も語られないので行くしかない

2009年8月19日水曜日

台湾の台風8号被害にイオングループより義援金が贈呈

【 馬総統が台風8号災害対応で陳謝 】
馬英九総統は18日午後、台風8号の被害について内外記者を対象とした記者会見を開き、「国家指導者として責任を負わねばならない」などと救援の遅れにより被害が拡大したことを謝罪した。会見には蕭万長・副総統、行政院の邱正雄・副院長、中央災害対応センタートップである毛治国・交通部長らとともに頭を下げた。馬総統は被災地の復興支援を最優先して、政府関係者の責任問題については9月初めまでにまとめ
ると述べた。

【 夏・外交部次長が辞職願い 】
行政院関係者は18日午後、外交部が海外からの援助は断るよう指示する通達を海外駐在機関に出していた問題で、夏立言・外交部次長が辞表を提出したことを明らかにした。馬総統は記者会見で「行政院長は辞任を批准するだろう」と述べた。



台湾の台風8号被害にイオングループより義援金が贈呈

 今回の台風8号で台湾が大被害を受けたことに対し、8月18日、日本の大手流通企業グループの1つであるイオングループの「イオン1%クラブ」より、台北駐日経済文化代表処を通して台湾に500万円の義援金が贈呈された。

 この日、イオン株式会社の原田昭彦・取締役会議長らは駐日代表処を訪れ、羅坤燦・駐日副代表へ慰問の言葉と共に義援金が贈られた。羅駐日副代表は台湾の被災状況を原田取締役会議長に説明し、「今回台湾は50年ぶりの台風による大惨事となったが、お見舞いいただき感謝すると共に、台日間は良好な関係であり、このようなお見舞いは励ましになる」と謝意を示した。

 原田取締役会議長は「日本でも台風や地震などによる災害はたびたび発生し経験しており、今回隣国がこのように深刻な被害を受け、他人事とは思えず心が痛む思いだった。またイオンクレジットカードの現地法人が台湾にあり、現在同地で10万人以上の加入者がいることから、『イオン1%クラブ』の基金から台湾へ復興支援金を贈呈することを決めた」と述べた。

 この「イオン1%クラブ」は、イオングループの有力会社22社で構成され、各社が税引き前利益の1%を拠出してさまざまな環境社会貢献活動の推進のために1989年に創設された組織である。


代表処の馮寄台代表(大使)は、これほどの台湾の非常時にオーストラリアへ旅行中らしい。
国民党の中国人は台湾を中国に売るのも躊躇しないほどだから、台湾人がいかに被災し、死亡しても、平気でいられるらしい。
支那人と台湾人を断じて一緒にしてはならないのである。

2009年8月17日月曜日

【東亜春秋】台北支局長・山本勲 李登輝時代の輝き再び


台湾の李登輝元総統が来月4日から1週間にわたり訪日する。春に風邪をこじらせ5月に予定された訪日は繰り延べたが、すでに健康もすっかり回復し談論風発の“李登輝節”が全面復活した。このところ日台関係がぎくしゃくし、台湾では50年ぶりの台風災害への政府対応が混乱し、李登輝総統時代の評価がさらに上昇している。東アジアのたぐいまれな哲人政治家、李登輝元総統のいっそうの活躍に期待したいところだ。

 今年3月に台北支局長として赴任した台湾は、数年前の陳水扁政権や十数年前の李登輝政権時代とは、かなり異なっていた。「本省人」と言われる、日本統治時代以前から台湾に住む大多数の台湾人の親日観、日本人に対する暖かさ、優しさはなんら変わらない。

 しかし昨年5月に発足した馬英九・国民党政権の進める対中接近策のもとで、台湾における中国の存在感が随分大きくなり、その分だけ日米の影が薄くなった。

 日台関係は昨年6月の尖閣諸島沖での台湾遊漁船と日本の巡視船の衝突事件で険悪化した。馬英九政権はその後、対日関係重視を打ち出して関係修復に動いた。しかし今年5月、齋藤正樹・日本交流協会台北事務所代表が講演で「台湾の地位未定」発言を行って馬政権が強く反発するなど、なおぎくしゃくした状態が続いている。

 内政面では陳水扁前総統の公金横領疑惑をめぐる公判が延々と続き、民進党支持者をはじめとした台湾人の意気を阻喪させている。対中経済関係の拡大を通じて経済浮揚をめざす馬政権と、経済一体化が中国による台湾併呑(へいどん)を招くことを警戒する台湾独立派・本土派の対立は激化する一方だ。

 加えて台風8号(台湾名、莫拉克)の、史上最大ともされる災害への馬政権の不手際な対応に住民の批判が高まっている。台湾社会は内外政策をめぐってまっぷたつに割れ、フラストレーションばかりが高じる困った状態にある。

 それだけに台湾が最も輝いていた1990年代の李登輝時代に人々の思いが集まる。李政権は高度成長を維持し、中華圏初の民主化を実現、日米と緊密に連携しつつ強大化する中国と対等に渡り合った。日台の相互信頼も深まった。


 99年9月21日未明に台湾中部を襲った大地震では李総統(当時)の命令一下、直ちに政府と軍の救援体制が始動。李総統は非常事態宣言に相当する「緊急命令」を発令して復興に全力をあげ、日本をはじめ各国が支援に駆けつけた。台湾メディアはいまこぞって「李登輝政権の経験に学べ」と馬政権を叱咤(しった)している。

 現在の台湾を取り巻く窮状を打開するにはもう一度、李登輝元総統の卓越した知恵と経験に学ぶ必要がありそうだ。総統退任後5回目となる今回の訪日では、5日に東京青年会議所などが日比谷公会堂で開くイベントで講演する。

 明治維新と開国近代化の道を方向付けた坂本龍馬の「船中八策」をもとに、日本再生のための李登輝版「新船中八策」を提起してもらえるそうだ。日台関係再強化のために、これまでに培った広範な人脈を駆使して新たな取り組みを始める計画もある。

 台湾の将来の指導者を養成するために、30歳前後の若手を少数選抜して私塾を開く準備も進めている。老いてますます盛んな李登輝さんだが、なにぶん86歳の高齢だ。日本側関係者には歓迎熱が上がり過ぎて健康を損なわないようくれぐれも気をつけてほしい。

台風被害 「死者500人以上」 馬総統、初めて公表
台湾の馬英九総統は14日、昨年5月の総統就任以来、初めて国家安全会議を招集し、台風8号による死者が500人以上との見方を示した。台湾中南部で大きな被害が出てから約1週間たち、同会議がようやく開かれて全体の被害規模が公表されるなど、対応の遅れに市民からは失望感が広がっている。

 馬総統は会議で、ちょうど50年前の1959年8月に667人が死亡した大水害と比較し、「程度は今回の方が上回る」と指摘。台湾全体で救済と復興を進めていく方針を示し、「被災者が早く正常な生活に戻れるようにしないといけない」と話した。また、土石流による生き埋めで300人前後の死亡が13日にほぼ確実になった高雄県甲仙郷小林村については、約380人が生き埋めになったとみられると述べた。

 防災当局は14日夜までに、死者121人、行方不明者53人と発表。家を失った人は7000人余りで、財産の損失は500億台湾ドル(約1450億円)超に上る。

2009年8月12日水曜日

台湾の台風被害、死者・行方不明100人超

斎藤代表が馬総統と日本の国会議員団の会見に同席
日本交流協会台北事務所の斎藤正樹代表は11日、馬英九総統と玉沢徳一郎・前衆議院議員、山本順三氏ら参議院議員4人との会見に同席した。斎藤代表は5月の「台湾の地位未定」発言以来、馬総統との面会や公式行事での同席を事実上拒否されてきていたが、ようやく日台交流の表舞台に復帰した。なお交流協会は同日、台風8号の被害に対して緊急支援として1000万円の緊急支援を行うことを発表した。

土石流直撃「村は跡形もなくなった」 台風被害の台湾

台風8号の大雨による土石流にのみ込まれ、約600人の住民の多くが安否不明になった台湾高雄県甲仙郷小林村で11日、軍の捜索活動が本格化した。 軍によると、同日夜までに、ほぼ半数が救出されたり生存が確認されたりしたが、助け出された人は「村が跡形もなくなった」と当時を振り返り、逃げ遅れた人 たちを気遣った。
 同村は道路が洪水で寸断され、救出活動は病院のある同県旗山との間を軍のヘリがピストン輸送する形で行った。同日までに救出されたのは100人ほ ど。さらに同日夜、軍当局が新たに約200人の生存を現地で確認したという。一方、救出された人は大勢の住民が生き埋めになった可能性が大きいと証言す る。

 土石流は高雄県一帯で1日に千ミリの豪雨が降った9日早朝、村を襲った。11日朝に救出された黄金宝さん(56)は「家が浸水したので危ないと思 い、近所の人々を呼んで一緒に高い場所に逃げた。30分ほど後に爆発のような音が聞こえ、あっと言う間に村が跡形もなくなった」と語った。

 黄さんら約40人は携帯電話で救援を求め、雨水を飲みながら2日間、耐えしのいだ。救出後、子供数人が病院に運ばれた。残りの住民の安否を聞くと、「早朝だからみな寝ていた。たぶん駄目だ。義母も弟の家族も逃げ遅れた」と涙を流した。
 林麗玉さん(49)も高台に上って難を逃れた。「土石流は村の裏の山の方から来た。小学校も家も全部、川のように平らになった。逃げた後はヘリに向かって木を燃やし、服を振って助けを呼んだが、なかなか見つけてくれなかった」と語った。
 消防当局によると、11日夜の時点で、台湾全土の死者は62人、行方不明者は57人。軍の救援ヘリが同日、墜落し、操縦士ら3人が死亡した。

大雨を十分に予測できなかった気象予報に対し、世論の批判も強まっている。台風の中心は今回、台湾北部を通過したため、中央気象局は南部に雨への強い警戒情報を出さなかった。馬英九(マー・イン・チウ)総統は9日に「気象予報に改善の余地がある」と批判したが、辛在勤局長は10日、「災害を気象予報のせいにされても、我々はそこまで責任を負えない」と異例の反論をするなど、足並みの乱れも目立っている。

2009年8月8日土曜日

ビエンチャンで松茸を

カンボジア

今週金曜日に開催する予定であった地雷被害者の美人コンテスト、「ミス地雷コンテスト」は、障がい者に対する配慮に欠けるとして、同政府によって中止された。参加者の「尊厳と名誉」を傷つける可能性があると当局関係者は述べた。20名の参加者がミス地雷の表彰と最新技術の義足の景品を競い合う予定であった。ノルウェー人の主催者であるモルテン・トラーヴィク氏は、落胆を示したが、当コンテストはネット上で続行されるだろうと述べた。(BBC)

支那
【8月6日 AFP】(一部更新)中国北西部の青海(Qinghai)省海南チベット族自治区(Hainan TibetanAutonomous Prefecture)興海県(Ziketan)で発生した肺ペストで6日、初期検査の結果、最初に死亡した牧畜業の男性の飼い犬が感染源とみられることが明らかになった。中国国営新華社(Xinhua)通信が、地元当局の情報として報じた。

 報道によると、飼い犬がペスト菌に感染したマーモットを食べて死亡し、この犬を埋葬する際に飼い主の男性に感染した可能性が高いという。男性は、犬を埋葬した3日後に死亡した。

 肺ペストは空気感染で感染が拡大しやすく、当局は厳しい隔離措置を取って住民の移動を禁じ、道路に検問所を設けて監視している。ただ、5日の新華社報道 によると、興海県では感染を恐れる住民らが相次いで町を脱出しており、AFPの電話取材によると、検問を避けて徒歩で避難しているという。実際に隔離地域 を脱出した住民がいるかどうかは不明。また、町中は大半の店がシャッターを下ろし、住民は家にこもっており、ゴーストタウンのようだという。

 これまでの感染状況は、1人が重体、ほかに7人の感染が確認されている。感染者の多くは最初の死者の親族だという。興海県は省都西寧(Xining)から南西に約200キロ。(c)AFP

インド

首都圏における慢性的な大気汚染の浄化のため、国内東部の首都圏道路を走行するオート・リキシャやタクシーなどの車両、述べ6万台の中古車を今週末までに完全撤退させるとして規制を行った。カルカッタ高等裁判所は、15年以上の年期が入った商業車の所有者に対して、今週土曜日を最終期限とした1年間の使用猶予を与えたが、同高裁の決定に従ったものの数は限られると報告した。昨年度、車両所有者の大気汚染に関する告訴を行った環境活動家SubhasDutta氏は、「今回の規制は、自治体の環境への取り組みとして、強行するべきだ」と言った。(AP通信)

アフガニスタン

国連アフガニスタン特別代表カイ・エイダ氏は今月行われる大統領選の候補者らに対し、暴力行為を引き起こしかねない事実無根の非難を止めるよう警告した。同氏は8月2日に「選挙結果が国民に受け入れられるような選挙運動を展開しなくてはならない」と報道陣に述べた。タリバンは8月20日に行われる大統領選で投票を拒否する動きを強めており、立候補者や後援者たちはここ数週間攻撃を受けている。国連によると、今回の国政選挙における大統領候補者は女性2名を含む計41名で、3,000名以上が州議会議員の座を争っている。(ブルームバーグ)

カザフスタン

カザフスタン運輸省によると、カザフスタン政府とイスラム開発銀行(IDB)が1億7,000万USドルの借款協定を締結したことが明らかになった。これは西ヨーロッパ─中国西部間における輸送回廊建設事業を対象としたものであり、カザフスタン国内最大級となる輸送プロジェクトの実現に向けて資金が投入されることになる。特に南カザフスタン州─タラズ間の全長58.1キロメートルにわたる国境地域の再建が行われる見通し。(インターファックス)

2004年1月4日から今年7月までに南部で教師94人を含む3,131人が死亡
 南部国境地区警察指令本部は7日、南部国境三県域内の情勢激化のきっかけとなった武器庫襲撃・学校連続放火事件が発生した2004年1月4日から今年7月迄に、一連の不穏な動きにより教師94人及び仏教僧7人を含む合計3,131人が死亡した事を明らかにした。

 また、当該期間中に5,162件の銃撃、1,612件の爆破、1,403件の放火の計9,947件の事件が発生し、教師98人及び仏教僧15人を含む合計4,414人が負傷を負った。

 政府発表ではこの程度の人数であるが、恐らくは6000名から8000名位の死者が出ているのではないかとは信頼できる情報筋からの話。





 ラオスのビエンチャンで松茸を探してみたが、結論、ビエンチャンでは非常にマイナーな食物であり、現地人は有ると言いながら何処に有るか知らない、美味しいと言いながら食べた事がない、ほぼ100%食べた事がない。
 本人達は嘘を吐いいている積もりはないだろうが、私から言わせたら、松茸に関しては嘘吐きばっかりであった。


 食堂の親父や現地在住の日本人にも聞いてみたが、ビエンチャンでは見かけないそうだ。

朝な夕なにあらゆる市場を探してみたが、欠片も無かった、最後に有ると言った本人が、ジャール平原の方に行かないと有りませんよだって、ふざけるな!!
そんな事は初めから分かっている。もう良い

しかし、ラオス全体が支那に犯されているが、こんな事で良いのだろうか、本人達はこれで善しとは思っていない筈だ。
何とかしなければ、、、、、

2009年8月5日水曜日

台風8号接近中

大型で強い台風8号が沖縄に近づいていて、5日夜にも風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。


 台風は午後3時現在、南大東島の南およそ370キロにあって、時速20キロの速さで西へ進んでいます。

 台風は今後も発達しながら北西へ進み、6日の午後から7日にかけて沖縄に最も接近する恐れがあります。

 台風の北上に伴って沖縄では波の高さが6メートルを超える大しけとなる見込みです。

 また、九州から東海地方にかけての太平洋側では大雨となるでしょう。

 気象庁では最新の台風情報に注意するよう呼びかけています。

米記者2人、恩赦釈放で帰国へ

【平壌、北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、金正日総書記が、不法入国などの罪で拘束されている米国人女性記者2人に対し「特別恩赦を実施、釈放す るとの国防委員会委員長としての命令を下した」などとする報道文を発表した。4日に会談したクリントン元米大統領の訪朝結果として伝えた。同通信は、5日 午前6時前(日本時間同)に元大統領一行が平壌を離れたと報じた。

 事情は如何であれきちりと型は着けて来た、私的だろうが何だろうがそんなのは関係ない。
アメリカ人は此の点は凄い、何処だろうが何だろうが取り返しに行く、アメリカが偉い所はこの一点に限る。

日本の政治家はこれを見て如何思ったのだろうか?

明日ジャンボを飛ばして「これが満杯になるまで帰らないと」、麻生首相ピョンヤンまで飛んでくれ、一人でも多く乗せれるように一人で行ってくれ。

頼んだぜ。

2009年8月4日火曜日

「ミス・ユニバース」衣装に批判殺到 「下品だ」「売春婦のようだ」

ミス・ユニバース日本代表の宮坂絵美里さん(25)が世界大会で着る衣装について、「下品だ」「売春婦のようだ」といった批判が殺到している。衣装制作に関わった老舗呉服屋や織元も怒りを隠さない。一方で、「海外うけする」と見る専門家もいる。
「羞恥心の無さにがっかりです」

問題になっているのは、宮坂さんがミス・ユニバース世界大会の民族衣装部門で着る着物だ。2009年7月22日にお披露目した。

黒い牛革に金箔の水玉模様が施された生地を使用し、丈は短く、中に着ている濃いピンクのボディスーツが下着のようにのぞいている。さらにピンクのガーターベルトと同色のストッキングをあわせ、手に般若のお面を持っている。

宮坂さんのブログのコメント欄には、

「股間がチラチラ見えるピンクのガーターベルト、あれはセクシーではなく『下品』です」
「アジアの売春婦に求めるような衣装を自ら着る羞恥心の無さにがっかりです」

などというキツイ批判が殺到している。

「世界中の人にその着物の衣装はさらさないでください。お願いします」

と、衣装の変更をお願いする人もいる。

デザインしたのは、和のテイストを取り入れたファッションを提案する義志(東京都渋谷区)の緒方義志代表。過去にも日本代表の衣装を担当し、今回もミス・ユニバースジャパンの総合プロデューサーであるイネス・リグロンさんから指名を受けた。

緒方氏は同社ホームページ内にある7月24日付けのブログで、「日本人女性には西洋の女性に勝る色気や大胆さがある」とした上で、衣装については着物を通じて「刺激的に伝える」ことに挑戦したと説明している。
「丈がこんなに短くなると知っていたら、帯を貸さなかった」

衣装の制作に関わった老舗呉服屋や織元にも、波紋が広がっている。

「7月22日に披露されて初めて、衣装を見ました。丈についてはボディスーツが見えるほど短いとは聞いていませんでした。このままで出場するつもりなら、貸している西陣織の帯を返してもらいます」

というのは、東京・銀座の老舗呉服店、銀座もとじの担当者。

確かに、イネスさんの過去のブログには衣装合わせの時の画像が掲載されていて、ボディスーツは隠れている。銀座もとじの担当者は「丈がこんなに短くなると知っていたら、帯を貸さなかった」とも話していて、怒りを隠せない様子。

ミス・ユニバース運営サイドに7月27日に抗議し、もとじと織元が衣装の詳細を事前に知らなかったという声明を出すこと、衣装の変更をしない場合は帯を返却することを求めている。

ところで、最終的にOKを出したイネスさんはというと、自身のブログで、「保守的な人間と時代遅れの『恐竜』が衣装を批判しているが、ファッショニスタ(ファッションを愛する人)はとても気に入っている。私が(反応を)気にしているのはファッション産業を動かす人たちだけ」とコメントしている。

セレブファッションコメンテーターとして活躍している木村カンナさんは、芸者風のコスチュームだとみている。


「外国人にとって日本は『芸者』のイメージがあり、大好きなんです。ゲイシャ(GEISHA)という名のついたファッションアイテムもたくさん売られています。また、フューシャピンク(濃いピンク)はセレブの間でトレンドです。海外うけはいいと思います。ただ、ここまで露出しないでもう少し品のあるデザインでもよかったのではないでしょうか」

と話していた。

ちなみに、06年の世界大会で準優勝した知花くららさんも、戦国時代の武将の甲冑をイメージし、両サイドと太ももを露出した衣装を着ていた。世界大会の選考は09年8月から始まる。

何だ此れは?
非難殺到するのは当たり前である。
センスの欠片も無い、歴史を知らない奴がプロデユースすると、こう言う事になる。
義志(東京都渋谷区)の緒方義志、こ奴のセンスを疑ってしまう、度素人なんだろうな。

着る本人も本人だ、こんな馬鹿の3乗みたいな奴は出る資格無し。

 外国人のデザイナーならまだしも日本人がこう言う物を作ってどうするのだ、世界中に頭が弱い事を披露するのみである。

芸者をイメージした?
芸者にも失礼である

2009年8月3日月曜日

八田與一記念公園の起工式が開催、旧宿舎などを修復・復元

八田與一記念公園の起工式が開催、旧宿舎などを修復・復元

 交通部観光局シラヤ国家風景区管理処は7月30日、台南県官田郷で八田與一記念公園の起工式および安全祈願祭を行った。

 日本統治時代の台湾で烏山頭ダムおよび嘉南大圳を設計した八田與一技師は、嘉南平原を荒れ地から全国最大の米作地帯に変え、国境の隔てなき愛に、馬英九総統も感銘を受け、馬総統は2009年5月8日に行われた八田技師逝去67周忌追悼コンサートに出席した際、2年以内に八田氏の旧宅を修復・復元し、八田記念公園を開設して、八田技師の台湾への貢献を伝え、台日交流の重要な土台にする考えを発表した。

 「八田與一記念公園」の整備は、交通部観光局シラヤ国家風景区管理処が担当し、現在八田技師の旧宅を含む宿舎群の測量マッピング、復修・復元、景観デザイン、再利用および展示計画等の作業を進めており、総統府の頼峰偉秘書長弁公室、交通部観光局による指導と、台南県政府、嘉南農田水利会の共同努力の下、旧宅・宿舎群の建物の測量マッピング、復元設計にとりかかっている。

 7月30日午前9時より台南県官田郷で行われた八田技師の旧宅の復元起工式には、李哲華・総統府頼副秘書長弁公室主任、顔純左・台南県副県長(副知事)、楊明風・嘉南水利会総幹事および、地方郷鎮(町村)首長、専門家、学者らが出席した。

 安全祈願祭は、先に台湾伝統の方式で祭典が行われた。続いて、八田技師が日本人であることを考慮して、日本の大工師・庄司清信氏によって日本の伝統的な「地鎮祭」が執り行われた。会場では日本語の同時通訳も行われ、八田技師に最高の敬意を示し、「八田與一記念公園」の修復・復元事業の開始を正式に宣言した。

 「八田與一記念公園」は「国境の隔てなき愛」を設計、展示の主軸とし、八田技師の台湾への貢献と、八田夫妻の夫婦愛の物語などを紹介する。シラヤ国家風景区の観光街道とリンクさせ、同地区にレジャー、教育、歴史等の知性的な内容を加え、国内および国際観光客がここで豊かな文化と歴史を味わえるようにし、観光レジャーのクオリティーを高めることにより、地方観光産業の発展促進が期待される。

山口県豪雨災害に中華民国政府から義援金
山口県豪雨災害に中華民国政府から義援金

 日本の山口県で連日の豪雨により土石流および河川氾濫により、7月24日現在で死者11名、行方不明者6名、数千戸あまりの住民が緊急避難を迫られるなど、深刻な災害が発生した。外交部は、直ちにわが国の駐福岡弁事処に災害の状況を確認するよう指示し、周碩穎・駐福岡弁事処処長が7月23日にわが政府を代表して、災害義援金500万円を山口県庁に贈り、被災地の一日も早い復興と、現地住民が速やかに日常生活を取り戻せるよう願い、わが国政府の関心とお見舞いの意を示した。これに対し、日本政府はわが国に感謝の意を表した。


 周碩穎・駐福岡弁事処処長は7月23日午前、山口県庁へ赴き、連日の豪雨による災害に対し、わが政府を代表して義援金500万円を今村孝子・山口県健康福祉部長に手渡した(二井関成・山口県知事は被災地の現場指揮のため不在)。

 周処長は、「10年前(1999年)に台湾の南投県で発生した大地震の際、日本からの救援隊が一番に到着して災害救助を支援して頂き、日本全国各界から義援金や救援物資を贈って頂いたことにわが政府および国民が感謝している」と伝えたうえで、「台日特別パートナー関係促進年として、今回の山口県で発生した災害の痛みを共有し、義援金を通じてお見舞いの意を示したい」と述べ、一日も早い復興を祈願した。

 今村部長は、「周処長は最も早く災害慰問に訪れた駐日外交官であり、深く感動した。知事および県民に必ず伝える」として、わが国政府の善意に感謝を示した。

ザ.選挙

自衛隊誘致派の町長が再選 与那国町長選
 中国や台湾に近い与那国島への自衛隊誘致が争点となった沖縄県与那国町長選の投開票が2日行われ、誘致派で現職の外間守吉氏(59)が反対派で新人の元町職員、田里千代基氏(51)を破って再選された。

 与那国島への自衛隊配備については6月30日に外間氏が直接、防衛省に要請。その際、町議会の誘致決議や有権者数の半数近い署名も提出していた。これに対し、浜田靖一防衛相も「南西諸島の防衛は重要」として前向きに検討することを約束、7月初旬には陸上幕僚監部防衛部長らとともに同島を訪問している。

 しかし、悲惨な地上戦となった沖縄戦を背景に地元の反戦平和団体やマスコミには自衛隊に対する強い反発があり、今回、外間氏が防衛省に誘致要請したことにも強く反対していた。

 投開票直前にも沖縄反戦グループの一つ、「沖縄平和運動センター」は、防衛省や県に対し自衛隊配備に反対する決議文を手渡したほか、与那国島でも反対運動を繰り広げていた。

 誘致派の町長が再選されたことで、自衛隊配備にはずみがつきそうだが、沖縄本島では反対運動が続くことも予想されるため、与那国島への自衛隊配備がすぐに実現するかどうかは微妙な状況だ。

与那国町長選

外間守吉    619

田里千代基   516


全英リコー女子オープン選手権

 ゴルフの全英リコー女子オープン選手権は2日、英国中部のロイヤルリザム・アンド・セントアンズGC(6481ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、首位と4打差の3位で出た宮里藍は一時首位に立ちながらも、終盤の17番をダブルボギーとするなど4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの1オーバー、通算1オーバーでホールアウト、3位に終わった。2週連続優勝は逃したが、この大会で昨年の5位を上回る過去最高位につけ、来年の出場権(15位まで)を獲得した。

 5位でスタートした宮里美香は前半2バーディー(1ボギー)で回りながら後半2ボギー、1ダブルボギーと崩れ、3オーバーでラウンド。それでも通算4オーバーで11位に入り、来年の出場権を得た。また7位で出た諸見里しのぶは序盤からボギーの先行する苦しいゴルフとなり、2バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの6オーバーとラウンドし、通算8オーバーの25位に終わった。

 このほか昨季3位の不動裕理は1バーディー、5ボギーの4オーバーで回り、通算11オーバーの33位。初日、2日目と首位に迫った三塚優子は2バーディー、4ボギー、2ダブルボギーと出入りの激しいゴルフで6オーバーとし、通算11オーバーで同じく33位だった。

 また47位で出た上田桃子は1バーディー、6ボギーの5オーバーとまとめられず、通算16オーバーの55位に終わった。

 73で回ったカトリオナ・マシュー(英国)が通算3アンダーで初優勝。3打差の2位にはカーリー・ウェブ(豪州)、さらに1打差の3位には宮里藍のほかポーラ・クリーマー(米国)、クリスティナ・キム(米国)らがつけた。

2009年8月1日土曜日

選挙、選挙、選挙

さて選挙が近ずいて来ておりますが選挙に行く前にこのサイトなどを眺めたら。

在り来たりですがこんなとこもどうぞ ザ.選挙http://www.senkyo.janjan.jp/

政治家政策デターベースhttp://db.kosonippon.org/index.php

選挙前.COM http://senkyomae.com/
売国政治家等が一目でわかる 選挙前.COM

売国議員一掃http://www41.atwiki.jp/dainihon/ ここも面白い

国会議員情報局http://kaida.xxxxxxxx.jp/shinmachi/kokkai/index.html

国会会議録検索システムhttp://kokkai.ndl.go.jp/

一部の政治系ブログを「有害サイト」に指定

二階堂ドットコム http://www.nikaidou.com/
nikaidou.comがウイルスバスターやらmixiやらで有害サイト認定されているとのことですが、OCNのアクセスブロックサービスでもカットされるようです。J-CIAも同様、アクセスできません。